2019年のランド&シーの混雑予想はこちら!

【2019年最新】ディズニーランドとシーはどっちがおすすめ?違いと特徴まとめ、プラン別に解説!

ディズニーランド35周年 パークの基礎知識

どうも、アスタ(@asta_smad)です!

皆さんはディズニーランドとディズニーシーのどっちに行けばいいのか、迷ったことはありませんか?

ランドとシーには、それぞれ異なるコンセプトや特徴があります。アトラクションやレストランなど、両パークの違いを理解して、皆さんの好みやプランに合ったパークで楽しみたいですよね!

そこで本記事では、ディズニーランドとディズニーシーの違いと特徴を比較し、プラン別にどちらに行くのがおすすめかまとめてみました。ぜひ皆さんのディズニー旅行プランの参考にして頂ければと思います!

この記事の目次
スポンサーリンク

ランドとシーの違いを比較・まとめてみました

「夢と魔法の王国」東京ディズニーランド

35周年とシンデレラ城

ディズニーランドのキャッチコピーは「夢と魔法の王国」です。ウォルト・ディズニーが描く、夢と魔法で作られるファンタジーの世界を、最も忠実に反映したテーマパークだと言えます。

パークのシンボルは、童話「シンデレラ」に登場する「シンデレラ城」です。ディズニー映画の冒頭クレジットで流れるお馴染みのお城ですね。

また、ディズニーランドには「イッツ・ア・スモールワールド」や「スプラッシュマウンテン」、ミッキー達の住む街「トゥーンタウン」など、ディズニーパークお馴染みのアトラクションや可愛らしい景色、装飾が魅力です。

そんなディズニーランドは、ディズニーシーに比べて「老若男女、多くの人が楽しめるテーマパーク」だと言えます。理由は以下の通りです。

・ディズニー要素の強い、お馴染みのアトラクションが多い
・パレードを多くの人が観覧できるよう工夫されている
・ショーに子供向けや分かりやすい内容のものが多い
・各レストランに定番メニューが多く用意されている
・キャラクターの野良グリーティング(道端で会えること)が多い
・道が平坦で、移動が楽

子供も大人も、ディズニーに詳しくない方でも、多くの方が楽しめるパークの構成であることが分かりますよね。また、家族連れや友人グループなど、大人数で楽しみやすいのもディズニーランドの特徴だと言えるでしょう。

「冒険とイマジネーションの海」東京ディズニーシー

ディズニーシー_プロメテウス火山

ディズニーシーのキャッチコピーは「冒険とイマジネーションの海」です。実在する海や、海に関連する物語をモチーフとした7つのエリア(テーマポート)から構成されており、各テーマポートで起こる冒険、旅立ち、出会いの数々が、ゲストをワクワクさせてくれます。

パークのシンボルは、ディズニーシーの中央にそびえ立つ「プロメテウス火山」です。定期的に大噴火を起こし、パーク内が轟音と熱気に包まれます。

上述の通り、ディズニーシーは7つのテーマポートから構成されています。ヨーロッパの港町をイメージした「メディテレーニアン・ハーバー」、沿岸部に佇む密林の秘境をイメージした「ロストリバーデルタ」など、それぞれ異なるコンセプトの海となっており、異国情緒あふれる美しい情景が魅力です。

そんなディズニーシーは、ディズニーランドよりも「楽しみ方にコツがいるテーマパーク」であると言えます。理由は以下の通りです。

・絶叫系アトラクションが多い
・パーク中央の海で開催されているメインショーが気軽に観れない
・音楽、演出に凝ったショーが多い

・おしゃれでムーディーなレストランが多い
・各レストランで、様々な国のメニューを味わうことができる

・キャラクターのグリーティング施設が多い
・日本で唯一ダッフィーに会える(販売している)パーク
・坂道や階段が多い

ディズニーシーの楽しみ方は、ランドよりも少しだけクセがあることが分かりますよね。逆に言えば、好みやプランに合わせて回ることができれば、更に深く楽しむことができるパークだと思います。

スポンサーリンク

ランドとシーのアトラクションの違いを比較

ランドには、ディズニー感が強いアトラクションが多い

イッツ・ア・スモールワールド

ディズニーランドには、ディズニーシーよりもディズニー感の強いアトラクションが多いです。

「イッツ・ア・スモールワールド」や「ミッキーのフィルハーマジック」を筆頭に、お馴染みのディズニーキャラクターが多数登場するアトラクションが多く、ディズニーをより身近に感じることができるでしょう。

また、内容が分かりやすく、小さなお子様でも乗れるアトラクションが多いのも特徴です。家族連れを含む、多くの方が楽しめるように工夫の施されたアトラクションが多いんですよね。

なお、ディズニーランドでお馴染みの3大マウンテン(ビッグサンダー、スペース、スプラッシュ)は、全国的に見てもかなりマイルドなジェットコースターだと言えます。絶叫マシンが苦手でも、ランドのアトラクションは乗れる方も多いと聞きます。

シーには、スリルを楽しむアトラクションが多い

タワー・オブ・テラー_昼

一方ディズニーシーは、ディズニーランドよりもスリルを楽しむアトラクションが多いです。

「タワー・オブ・テラー」や「センター・オブ・ジ・アース」など、東京ディズニーリゾート屈指の絶叫マシンがシーには揃っています。ランドの3大マウンテンと違い、浮遊感や恐怖感などのスリルを感じやすいアトラクションなので、スタンバイの際は注意してください。※それでも全国的に観たら、そこまで怖いアトラクションではありませんが…。

このように、絶叫マシンが多いディズニーシーですが、「トイストーリー・マニア」や「シーライダー」など、お子様から大人まで楽しめる人気アトラクションも多数あります。特に「マーメイドラグーン」や「アラビアンコースト」エリアには、お子様をターゲットにした可愛らしいアトラクションが複数ありますので、家族連れでも問題なく楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

ランドとシーのレストランの違いを比較

ランドには、家族連れのゲストが利用しやすいレストランが多い

ディズニーランドは、家族連れのゲストに利用しやすいレストランが多いと言えますね。

というのも、ディズニーランドのレストランの多くが、子供も大人も大好きな定番メニューを置いています。例えば、ハンバーグやエビフライ、グリルチキン、サンドイッチ、カレーライス、オムライス、ピザなどですね。

その他にも、明るく賑やかな雰囲気のレストランが多いことディズニーシーには無い「ビュッフェ」や「事前予約が必要なショーレストラン」があることもランドのレストランの特徴だと言えるでしょう。

シーには、雰囲気重視の大人向けのレストランが多い

マゼランズとステラ・ルー

一方、ディズニーシーには、雰囲気重視の大人向けレストランが多いです。

豪華客船で食べるコース料理「S.S.コロンビア ダイニングルーム」や、冒険家たちの隠れ家的な高級レストラン「マゼランズ」など、味と見栄えにこだわった、お洒落で落ち着いた雰囲気の高級レストランが多くあります。

ディズニーシーがデートにおすすめだと言われるのは、これらの素敵なレストランが理由でもあるんですよね。

また、ディズニーシーではお酒の提供がされていることも特徴ですね。お酒に合うタパス(小皿料理)を専門とするバーレストランもあったりします。

スポンサーリンク

ランドとシーのグリーティングの違いを比較

ランドでは、パレードやショーレストランでキャラクターを眺めよう!

ダイヤモンドホースシュー_ミッキー&ミニー

ディズニーランドは、確定グリーティングのできる施設がディズニーシーに比べて少ないです。

現状ではミッキー、ドナルド、デイジーに専用の施設があり、エントランス付近でもミッキーとミニーのグリーティングができます。グリーティングのできる機会が意外と少ないんですよね。

ただしランドは、ショーやパレード、ショーレストランでキャラクター達を比較的近くで見ることができます!会いたいキャラクターがいる場合は、座り待ちやショーレストランの予約を狙ってみてください。

ディズニーランドでは、2019年2月4日からズートピアの「ジュディ」「ニック」とグリーティングができるようになりました。しかし、現状はゲストが殺到しすぎて、朝イチで整理券配布が締め切られてしまうほどの混雑に見舞われているようです。注意してください。
★ディズニーランドのおすすめグリーティング記事はこちら!
ランドでドナルドと会ってきた!ウッドチャック・グリーティング・トレイルをレポ!

シーには、メインキャラのグリーティング施設がたくさんある!

一方、ディズニーシーにはたくさんのグリーティング施設が存在します。

現状、ミッキー、ミニー、ドナルド、アリエル、ダッフィー、シェリーメイのグリ施設があり、特定エリアでスティッチとグリーティングすることができます。総勢7キャラクターと確定グリーティングができるわけです。

ディズニーシーオリジナルの衣装なので、ぜひグリーティングに行ってみてください。

スポンサーリンク

ランドのパレード、シーの水上ショーの違いを比較

ランドのパレードは、キャラクターが比較的近くにいて、気軽に観れる

ランド30周年_ハピネスイズヒア_ミッキー&ミニー

ディズニーランドでは、パレードとして基本的に以下の3つが開催されています。

・季節イベントのパレード、ショー
・35周年などのアニバーサリーパレード
・エレクトリカル・パレード

いずれもフロートが観客の近くを通るため、キャラクターをより近くに感じることができます。イベントによってはキャラクターがフロートから降りてきて、かなり近くまで来てくれることもありますので、キャラクターを観たい方には最適ですね。

また、これらのパレードはシンデレラ城を中心にパーク内を周るため、移動中に気軽に観覧エリアに立ち寄ることが可能です。移動の合間にパレードを観ながら時間を潰すのも、パークの素敵な過ごし方ですね。

シーの水上ショーは、演出が素敵だけど、遠くて観にくいこともある

シー15周年_クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー_遠目

ディズニーシーでは「メディテレーニアンハーバー」の海で水上ショーが行われています。こちらも基本的に、以下の3種類が開催されています。

・季節イベントのショー
・35周年などのアニバーサリーショー
・夜のショー(ファンタズミック)

これらのショーは水上で行われるだけあって、演出が幻想的で迫力があります。ミッキー達の歌やダンスに合わせて、水や火を使った演出と大きく形を変えるフロート、連動して噴火するプロメテウス火山など、見どころ満載のショーなんです!

ただし問題点もありまして、シーの水上ショーは、観覧しやすい位置が非常に限られているんです。基本的に場所取りをして待たないと、かなり離れた場所からショーを観なければならず、物足りなく感じる方もいると思います。ランドのように、移動のついでに気軽に観ることは難しいので注意してください。

スポンサーリンク

ランドとシー、その他の特徴を比較

ランドは道が平坦で、移動が楽

ディズニーランドの特徴として、道が平坦で移動が楽なことが挙げられます。

全ての道がほぼ平坦で坂道や階段が少ないため、徒歩の移動だけでなく、ベビーカーや車いすなども利用しやすい環境にあります。

なお、ディズニーシーにはエリアの変わり目などに階段や坂道があり、ベビーカーなどで移動しにくい部分があります。若干遠回りにはなりますが、エレベーターやスロープで移動することができます。

シーは日本で唯一、ダッフィーに会えるテーマパーク

シーにてダッフィー&フレンズ

ディズニーシーは、日本で唯一、ダッフィー&フレンズに会えるテーマパークです。ダッフィーはディズニーランドのショーやパレードには出演しませんし、ディズニーストアでもダッフィーのぬいぐるみは販売していません。ダッフィーにはディズニーシーでしか会えないのです。

もし「ダッフィーが欲しい!」という方は、必ずディズニーシーに行くようにしてくださいね!

スポンサーリンク

好みに合わせてランドとシーを選ぶ!おすすめを解説!

ディズニー要素をたっぷり楽しみたいならディズニーランドがおすすめ!

ディズニー要素をたっぷり楽しみたいならディズニーランドがおすすめです!

アトラクションや景色、レストランの内装、料理など、全てにディズニー要素が詰め込まれているディズニーランドは、ディズニーに囲まれて過ごしたい!盛り上がりたい!というプランの方にとっては最適なパークだと思います!

ディズニーランドの象徴「シンデレラ城」や「イッツ・ア・スモールワールド」、ディズニー絶叫マシンの元祖「スプラッシュマウンテン」、ミッキーグリの本場「ミートミッキー」、夜のパークを彩る「エレクトリカルパレード」など、「ディズニーに来たな!」って感じしますもんね。

「ディズニーに囲まれて楽しみたい!盛り上がりたい!」という方は、ディズニーランドを選んでみてください!

アトラクションやショーをガッツリ楽しみたいならディズニーシーがおすすめ

アトラクションをガッツリ楽しみたいならディズニーシーがおすすめです。

上述の通り、ディズニーシーはランドに比べて人気アトラクションが多いです。

不動の人気「トイストーリー・マニア」や新作「シーライダー」、スリル満点「タワー・オブ・テラー」、夢とロマンの遊覧飛行「ソアリン」など、他にも多種多様なアトラクションが存在し、ゲストを楽しませてくれます。

また、ディズニーシーのショーは演出に趣向を凝らしたものが多いです。

幻想的で大迫力の夜の水上ショー「ファンタズミック」、生演奏と華麗なダンス「ビッグバンドビート」、アリエル達の海底コンサート「マーメイドラグーンシアター」、幻想的なミッキー達の大冒険「ソング・オブ・ミラージュ」など、素敵なショーがたくさん存在します。

アトラクションやショーを全力で楽しみたい方は、ディズニーシーをおすすめします!

絶叫マシンに乗れない人でも両パークOK!楽しみ方を工夫しよう!

絶叫マシンに乗れない人でも、ディズニーランド、ディズニーシー、両方楽しめると個人的には思っています!絶叫マシンに乗れない方でも、以下のように回り方を工夫することで楽しむことができるはずです。

ディズニーランドの場合

ディズニーランドはそもそも絶叫マシンが少ないので、絶叫マシンに乗れない方に最適なパークだと言えます。

また、苦手な方でも乗れるマイルドなジェットコースターが多いので、アトラクションを中心に回っても楽しめる方も多いと思います!ショーやパレードも観て回れば、あっという間に1日が経ってしまうと思いますよ!

ディズニーシーの場合

絶叫マシンが多いディズニーシーですが、魅力的なショーやグリーティングも多く、絶叫マシン以外でもたくさん楽しめるパークでもあります。

アトラクションは絶叫マシン以外を乗り、ショーやグリーティングを片っ端から楽しみましょう!絶対に1日じゃ足りないし、何度でも観たくなるショー、来たくなるグリーティングばかりだと思います!

スポンサーリンク

ランドとシーはどちらがおすすめ?プラン別に解説!

お子様のディズニーデビュー!初めてのパークはディズニーランドがおすすめ!

ワンマンズ・ドリーム2_白黒

お子様の記念すべきディズニーデビューをならディズニーランドがおすすめです!

トゥーンタウンやファンタジーランド、トムソーヤ島など、ディズニー感が強くて、子供たちが喜ぶエリアやアトラクションがたくさんあります。レストランも子供が好きな可愛らしい定番メニューを扱うお店が多いですしね!

また、シーに比べて、小さなお子様でもパパやママの膝の上に座って乗れるアトラクションが多いです。パレードやショーでも比較的近くまでミッキー達が来てくれるので、お子様でも楽しみやすいと思います。

赤ちゃんへの授乳やおむつ替えがしやすい「ベビーセンター」が2か所にあるのもおすすめな理由です。シーには1か所しかありませんからね。

道が平坦なのでお子様が転ぶ心配も少なく、ベビーカーでの移動がしやすいのも嬉しいですね。

お子様を連れた初めてのパークは、ぜひディズニーランドで過ごしてみてください!

家族3世代でディズニー旅行ならディズニーシーがおすすめ!

ダッフィー_シェリー・メイ_アウラニ

家族3世代のディズニー旅行ならディズニーシーがおすすめです!

シーの景色やアトラクションは、ディズニー感がそこまで強くなく、歴史や異国情緒を感じさせる内容が多いです。そのため、ディズニーをよく知らないご年配の方でも旅行のように楽しめると思います。

また、ミッキー達と記念写真が撮れるグリーティング施設がたくさんあります。ミッキー達と家族全員で写真を撮って、思い出を残すのにもピッタリだと思います!

おじいちゃんとおばあちゃんは、ぜひお孫さんにダッフィーを買ってあげてください!家族みんなの思い出の詰まった、一生の宝物になると思いますよ!

カップルでディズニーデートなら、基本的にディズニーシーがおすすめ!

S.S.コロンビア号_夜景

カップルでディズニーデートをするなら、基本的にはディズニーシーがおすすめです!

ディズニーシーはランドよりも、静かで大人な雰囲気のレストランが多いです。また、絶叫マシンや幻想的なショーも多く、二人っきりの特別な時間を過ごすことができるでしょう。

グリーティングで思い出の写真を撮ったり、プレゼントにダッフィーを贈ったり、パークの夜景が一望できるS.S.コロンビア号の甲板で告白したりと、色んなデートプランが思い浮かびますね!

ただし、パートナーが絶叫マシンを苦手だったり、もっとディズニー感の溢れる景色が好きだったりする場合は、ディズニーランドのデートも良いと思います。2人の好みやプランに合わせて、選んでみてください!

スポンサーリンク

皆さんのプランに合わせて、ディズニーランドとディズニーシーを楽しもう!

以上が、ディズニーランドとディズニーシーのどちらがおすすめか、各パークの違いと特徴からプラン別にまとめてみました。

ランドもシーも、それぞれに特徴があり、皆さんの好みやプランによっておすすめが変わってきます。もしどちらに行こうか迷うことがあったら、本記事を参考にランドとシーを選んでみてください!

ではまた!