2019年のランド&シーの混雑予想はこちら!

ソアリンはどんなアトラクション?海外版に乗った感想、怖さ、酔いやすさは?

ソアリン_海外で乗った感想_ディズニーディズニーシー

どうも、アスタ(@asta_smad)です!

2019年7月23日、東京ディズニーシーに新しいアトラクションであるソアリン:ファンタスティック・フライトがオープンしました!

実はこのアトラクション、既に海外のディズニーランドにありまして、人気アトラクションとして君臨しております。僕もカリフォルニアのパーク(※ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー)でソアリンに乗ったことがあり、とても感動しました!

今回の記事では、ソアリンがどんなアトラクションか、僕がカリフォルニアで乗った感想と合わせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ソアリンはどんなアトラクション?

遊覧飛行で世界を巡るフライトシュミレータ型アトラクション

ソアリンは世界中の空を遊覧飛行し、景色を楽しむフライトシュミレータ型のアトラクションです。

フライトシュミレータ型アトラクションとは、いわゆる映像と連動してライドが動くアトラクションのことです。以下の記事で、類似のアトラクションを挙げているので参考にしてみてください。※ソアリンも載っています。

ソアリンでは、ゲストがグライダーのようなライドに乗り込み、壮大な空の旅へと繰り出します。世界各国の絶景や名所を眺めながらのリアルな遊覧飛行を楽しむことができるわけです。

なお、ソアリンは既に、カリフォルニア、フロリダ、上海のディズニーパークに存在しています。バックグラウンドストーリーは違えど、全てのパークのソアリンで同様のコースを飛行します。ラストシーンのみ各パークのオリジナルになっているため、東京ディズニーシー版でも同タイミングでオリジナルのシーン・演出が組まれております。

本当に空を飛んでいるような浮遊感と臨場感

ソアリンでは空を飛んでいるリアルな感覚が味わえる様々な仕組みが導入されています。

ソアリンのライドは、リフトのように上から吊るされており、ゲストは足がつかない状態で乗ることになります。飛行中は前傾姿勢で景色を見下ろす姿勢になるため、空を飛んでいる浮遊感を本当にリアルに感じることができます!

また、上記ライドの仕組みに加えて、3D音声や風、匂いなど、様々な特殊効果を使って臨場感を演出しています。

普通では体験できないリアルな飛行体験ができるだけあって、海外のパークでは大人気のアトラクションなんですね!

ディズニーシー版のオリジナルシーンがあるか予想!

上述の通り海外のパークのソアリンは、ラストシーンがパーク毎にオリジナルの内容となっています。世界各国の遊覧飛行から「各パークに戻ってくる演出」がされ、それぞれのパークや地域の景色を眺めながら着陸するわけですね。

花火をバックに彩られるパークの風景はとても綺麗で、このラストシーンが個人的にすごく印象的でした。

ディズニーシー版でも他パークと同じく、ラストシーンはオリジナルの情景になると考えられます。個人的なラストシーン予想としては「花火に彩られるメディテレーニアンハーバーとプロメテウス火山を眺めながらの着陸」ですかね(ほぼ正解でした)

景色が自慢のディズニーシーですから、ソアリンは東京ディズニーリゾート屈指の絶景アトラクションになること間違いなしです!

スポンサーリンク

カリフォルニアのソアリンに乗った感想

続いて、カリフォルニアのソアリンに乗った感想について説明します。恐らく、ディズニーシーのソアリンも、バックグラウンドストーリーは違えど、ほとんど同じ構成のアトラクションになると思うので、完成イメージの参考にしてもらえればと思います。

家族で楽しめる大人気のほのぼのアトラクション

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー_ソアリン

カリフォルニアのパークでも、ソアリンは大人気のアトラクションです。僕が行った時も、スタンバイ列が常に1時間程度はあったと覚えています。

人気の理由は、老若男女、ディズニー知識を問わず、ほのぼの楽しめるアトラクションであるからだと考えられます。特にアメリカの「余暇を家族でのんびり過ごす風土」に合っているため、家族連れのゲストに特に人気があるようですね。確かに、お子様連れの方が多く並んでいたと記憶しています。

東京ディズニーリゾートでは、家族連れ以上にカップルや友人グループのゲストが多いので、最終的にはアメリカほどの大混雑にはならないかもしれませんね。混雑具合に注目しておきましょう。

余談ですが、僕がスタンバイした際に、前に並んだご家族に話しかけられ「ソアリンは東京に無いから乗るの初めてです」と伝えました。すると「ソアリンはカリフォルニアで一番素敵なアトラクションだよ!パークに来たら絶対に家族で乗るようにしてるんだ。良い思い出になると思うよ!」と紹介してもらいました。

こういうフレンドリーなゲストの雰囲気、カリフォルニアのディズニー大好きです。

ディズニー要素はかなり少ないです

カリフォルニアのソアリンに乗って驚いたことは、そのディズニー要素の少なさです。

良くも悪くも「淡々と世界各国を遊覧飛行する」だけなんですよ。ディズニー要素と言えば、ラストシーンにパークの情景があり、ティンカーベルが一瞬表れて、ミッキー型の花火が打ちあがる、くらいですね。時間にしてほんの数秒です。

仮にディズニーシー版のソアリンも同じアトラクション内容だとしたら、期待して乗った方は驚かれるかもしれません。ストーリーは無いに等しく、スリルがあるわけでもないので「え、これで終わり?」って戸惑うと思います。

逆に言えばソアリンはディズニーを知らなくても楽しめるアトラクションなので、やはり上述の通り、小さいお子様連れのご家族などに人気が出る可能性が高いと思っています。

独特な浮遊感がかなり酔いやすい

カリフォルニアのソアリンは、僕が今まで乗った全てのアトラクション(USJや富士急、その他テーマパークを含む)で、最も酔いやすいアトラクションだと個人的には感じました。

ランドのスターツアーズで小酔い、USJのハリポタでも小酔い、ジョイポリスのワイルドリバーで無傷だった僕がそこそこ酔いました。アトラクションでここまで酔ったのは、USJの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」以来だったので、なかなかに驚きました(;^_^A

上述の通り、ソアリンは遊覧飛行の感覚をリアルに出すための様々な工夫が施されたアトラクションです。逆に言えば、普通では体験し得ない「独特な浮遊感があります。この浮遊感に酔う人が多いみたいですね。

また、ライドが予測不可能にフワフワと動くのも関係しているみたいです。スリルを感じる程ではありませんが、いかんせん唐突な重力を感じるので、苦手な方もいるとは思います。

ちなみに、同乗した僕の奥さんは1時間ほどグロッキー状態が続きました。アトラクションや飛行機で酔いやすい方は、予定に余裕がある状態で乗ることをおすすめします。

※ディズニーシー版のソアリンに乗りましたが、僕たちはそこまで酔いませんでした。詳しいレポートについては後述する別記事をご覧になってください!

スポンサーリンク

ソアリンに乗って世界を遊覧飛行に出かけましょう!

以上が、ソアリンのアトラクション説明と、海外パークでの搭乗レポートでした!

海外パークのソアリンがとても素敵なアトラクションだったので、ディズニーシー版もとても楽しみにしています!

★2019年8月19日 追記
ソアリン・ファストパス・チャレンジをやってきました!

ではまた!