2019年のランド&シーの混雑予想はこちら!

結婚式が盛り上がるディズニーの名曲・BGM|おすすめのシーン別に紹介

ウェディングテーブル ディズニーな生活

どうも!

今回の記事では「結婚式・披露宴で使いたいディズニーの名曲」をシーン毎にリストアップたいと思います。

ディズニー作品の「愛」と「絆」を表現したメロディーは、2人の門出を祝う式に、より一層の華やかさと感動をもたらせてくれるでしょう!ぜひ本記事を読んで頂き、結婚式の準備の参考にしていただければ幸いです。

美しく盛大に主役の登場!新郎新婦入場BGM

眠れる森の美女:いつか夢で

まず初めにご紹介する曲は「眠れる森の美女」の「いつか夢で」です。オーロラ姫が「夢の中で出会う王子様」を想いながら歌い、その歌声とダンスを目の当たりにしたフィリップ王子を虜にしました。

チャイコフスキー作の原曲を基にして作られた、ワルツの軽やかなリズムと優雅なハーモニーが特徴的です。壮大なクラシックの曲調で、舞踏会のような雰囲気を作ることができます。新郎新婦入場だけでなく、ケーキ入刀やキャンドルサービスなど、式の雰囲気を変えるポイントで流すことをおすすめします。

 

白雪姫:いつか王子様が

白雪姫が小人たちとのパーティーの際に「王子様への憧れ」を歌った一曲です。どんな逆境にもくじけず、純粋で前向きな白雪姫の想いが詰まった甘酸っぱいメロディーとなっています。

中でも、おすすめのアレンジがQ;indiviさんの「A Love Suiteバージョン」です。原曲で感じられる切なさは無くなり、明るくワクワクする曲調になっています。※いくつかバージョンがあるようなのでご注意ください。

長めの前奏の後、初サビで一気に盛り上がる感じが入場曲として相応しいですね!これだけ明るい曲調だと、ケーキ入刀やお色直しの中座に使っても良いかもしれません。

 

シンデレラ:A Dream Is A Wish Your Heart Makes

ディズニープリンセスの王道「シンデレラ」「夢はひそかに(英題:A Dream Is A Wish Your Heart Makes)」です。物語冒頭でシンデレラが動物達に歌うシーンは有名ですよね。彼女の純真さと気品、そして強さが表現された、作品の中でも大変に人気のある曲です。

こちらもQ:indiviさんのアレンジバージョンがおすすめです。優しく温かな曲調はそのままに、全体的に可愛く明るくアレンジされています。美しいメロディーと曲の盛り上がり方は、新郎新婦の入場曲にピッタリだと思います!

シンデレラと同じ「水色のドレス」にお色直しする方は、ピンポイントで再入場時に使用するのも素敵ですね!

 

アナと雪の女王:とびら開けて

言わずと知れたアナ雪のプロポーズソングです。「とびら開けて」という曲名もあって、新郎新婦の入場やオープニングムービーによく使われているようです。(Youtubeにいっぱい落ちてます。)

明るい曲調にサビでの盛り上がりなど、披露宴の序盤で使うにはピッタリですね。曲の最後で「僕と結婚してくれ!」と男性側から切り出すのも良い雰囲気と言えばその通りだと思います。

ただですね・・・この曲って、歌い手の男性側キャラクターである「ハンス王子」がヴィランズ(悪役)なのが問題なんですよね。国を乗っ取るために、世間知らずなアナ王女を騙して結婚しようとして歌った「プロポーズソング」なんですよ(;^_^A

この曲をアナとクリストフのデュエットにしなかったディズニーは、なかなかに罪深いなぁと思う今日この頃です。

 

ロマンティックにしっとり!2人の愛を象徴するシーン

アラジン:A Whole New World

ディズニー史上最強のラブソングと言えば「アラジン」の「A Whole New World」です。もはやディズニーという枠を超えた「定番のウェディングソング」ですね。

宮殿の外の世界を見てみたいと願うジャスミンの願いを叶えようと、アラジンが魔法の絨毯に乗って空の旅に連れ出します。「2人だけの世界」と「広大な宮殿の外の世界」の対比から、シナリオと映像の美しさを感じることができます。

誰もが知っている甘く美しいラブソングですので、披露宴中盤のキャンドルサービスやお色直し後の再入場などで使用すると、これ以上が無いくらい「お熱い雰囲気」が出せると思います!ただし、序盤でかけちゃうと、いきなりクライマックス感が出るかもしれませんので、他の曲とのバランスに注意してください。

 

美女と野獣:Beauty and the Beast

に紹介するのは、ディズニー王道のラブストーリー「美女と野獣」の主題歌「Beauty and the Beast」です。実写化もされた不朽の名作ですね。

野獣が初めてベルの手を取りエスコートする、ダンスシーンで流れる印象的な一曲です。映画史に残る「幻想的で甘美なメロディー」が2人の愛の世界を演出します。お色直し後の再入場やキャンドルサービス、新郎新婦入場など、どこにでも使える定番ウェディングソングだと思います。

ちなみに、実写劇場版「Beauty and the Beast」もメチャクチャ素敵です。ぜひ両方を試聴してもらい、皆様の結婚式のテーマやシーンに合う曲を選んでみてください!

 

ピノキオ:星に願いを

こちらも有名なディズニー作品「ピノキオ」の「星に願いを」です。ディズニーの実力を世に知らしめた歴史ある作品の主題歌ですので、老若男女の知名度としては断トツかもしれません。

こちらはラブソングではありませんが、優しく包み込むジミニーの歌声が心地よく、夜の披露宴のしっとりとしたムードにピッタリです。幻想的な前奏からの優しい歌いだしは、お色直し後の再入場やキャンドルサービスにも合いますね!

また、両親への手紙などの「家族」を連想させるシーンでもおすすめです。子供の頃に覚えた優しいメロディーに親子共々、一緒に感動できると思います。

 

塔の上のラプンツェル:輝く未来(I See the Light)

輝く未来
マンディ・ムーア & ザッカリー・リーヴァイ

続いては「塔の上のラプンツェル」より「輝く未来(英題:I See the Light)」です。この曲が流れる、夜空いっぱいのランタンに囲まれて「ラプンツェル」と「フリン」が互いの気持ちを確かめるシーンは、幻想的で美しいですよね。

優しい歌い出しから、だんだんと明るく変わっていく曲調は、まるでランタンの光のようで聴く側に暖かさを与えてくれます。男性パートがあるデュエット曲なので、ディズニープリンセスの主題歌の中では、男性陣も感情移入しやすい曲だと思います。

おすすめの利用シーンは、断然「キャンドルサービス」です!点火したキャンドルをランタンに見立て、美しくて幻想的な雰囲気が作り出せること間違いなしです。

 

ライオンキング:愛を感じて

次にご紹介するのは「ライオンキング」「愛を感じて」です。

大人になった主人公「シンバ」と幼馴染みの「ナラ」が長い年月を経て再開するシーンで歌われます。過去を悔やむシンバの複雑な心情と、それを優しく包むナラの愛情を、デュエットとライオンキング特有の壮大な曲調で表しています。

かなり壮大な曲なので、ケーキ入刀やキャンドルサービスのBGMで使うとかなり盛り上がると思います!力を合わせて生きていく2人の門出を祝う「決意の曲」に聴こえるはずです。

曲の初めと終わりにティモンとフンバのいじけた声が入っていることに注意してください(笑)新郎新婦2人に嫉妬する可愛らしい声にも聞こえますが、気になる方はカットしましょう(;^_^A

 

愉快にお洒落におもてなし!ご歓談BGM

美女と野獣:Be Our Guest

ひとりぼっちの晩餐会
アンジェラ・ランズベリー & ジェリー・オーバック & コーラス(美女と野獣)

歓談時におすすめのBGM1曲目は「美女と野獣」「Be Our Guest」です!美女と野獣の作品を代表する曲の1つで、ディズニー史上、最も有名なパーティーソングと言っても過言ではないと思います。

野獣の城に閉じ込められたベルを元気付けるために、ルミエールたちがディナーで歌った「おもてなし」の曲です。結婚式のゲストに対し、食事や歓談を楽しんでもらう際の明るく愉快なBGMとして最も相応しい曲だと言えるでしょう。乾杯やケーキ入刀のタイミングで流すのも盛り上がって良いと思います!

ただし、原曲や実写バージョンはミュージカル調が強く、歓談の邪魔になる可能性もあるので注意が必要です。そのため、今回は歓談時のおすすめBGMとしてインストバージョンを紹介しています。パーク内でも流れている曲ですので、ぜひ皆さんの式に合った最高のタイミングで使ってみてください!

 

トイ・ストーリー:君はともだち

続いては「トイストーリー」の主題歌「君はともだち」を紹介します。世界中で大ヒットを記録した「トイ・ストーリー」シリーズ通しての主題歌ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ウッディを初めとするおもちゃ達が、持ち主の少年アンディを想う友情、そして家族同然の絆を表現した、心温まるジャズソングです。明るくオシャレな曲調が歓談の場に非常に馴染むので、様々な場面のBGMで使いやすいと思います。

友情や家族をテーマにした曲なので、友人や家族を指名しての余興時や、送賓の際に感謝の気持ちを込めて流すのも素敵ですね!

 

モンスターズ・インク:君がいないと

続いてもジャジーな1曲!「モンスターズ・インク」の主題歌「君がいないと」 です。サリーとマイクの熱い絆が描かれた友情ソングです。

英語版の曲は上述した「君はともだち」と系統的に似ていて、友情をテーマにした心温まるハートフルジャズソングとなっています。歓談時のBGMはもちろん、ゲストに感謝の思いを込めた送賓などでも利用できる曲だと思います。(知らない人からすると「君はともだち」と違いが分からない程に、雰囲気が似ているんですよね笑)

日本語版はサリーとマイクの声優を担当したホンジャマカの石塚さんと爆笑問題の田中さんが歌っており、英語版よりも若干コメディ色が強めのアレンジとなっていますので、ご注意ください。

 

リトル・マーメイド:アンダー・ザ・シー

続いてもディズニー屈指のパーティーソング「リトル・マーメイド」から「アンダー・ザ・シー」を紹介します!海の世界の素晴らしさを歌うセバスチャンの陽気な歌声と、様々なパーカッションの音色が聴く人の心を踊らせます。

特に海の見える式場で挙げる結婚式では最高のBGMになるでしょう!イントロからラストのサビまで明るく盛り上がれる曲ですので、歓談時はもちろん、新郎新婦の入場やケーキ入刀など、ゲストと一緒に盛り上がるタイミングで使いましょう!

 

感動のフィナーレ!エンドロールに使いたいBGM

ベイマックス:Story(English Ver)

結婚式のフィナーレにおすすめなディズニーソング1曲目は「ベイマックス」の日本語版主題歌「Story」です。ベイマックス公開前から結婚式の定番ソングとして君臨していましたが、未発表曲である英語版がベイマックスの主題歌となったことで更に注目される1曲となっております。

心温まる歌詞とメロディー、AIさんの情熱的な歌声が、ベイマックスのストーリーとリンクして感動しちゃいますよね。ラスサビへの盛り上がり方が熱すぎて、映画のエンディングでウルっと来てしまった方も多いのではないでしょうか。

映画同様、結婚式のエンドロールで使用するのにピッタリだと思います。ベイマックスのストーリーと同じく、ハートフルな結婚式のフィナーレとして使いましょう。

 

ターザン:You’ll be in my heart

最後に紹介する曲は「ターザン」「ユール・ビー・イン・マイ・ハート(You’ll be in my heart)」です。ディズニーソングの中で、僕が1番カッコいいと思う曲です!

ディズニーソングでは珍しい「ロックソング」です。ジャングルの壮大さ、大自然の力強さ、そしてターザンの真っ直ぐさを曲全体から感じることができます。フィル・コリンズが歌う美しいメロディーと、最後のサビに向けた「これでもか!」という位の盛り上げが、ゲスト全員を式の余韻に浸らせてくれるでしょう。

結婚式のエンドロールで使うのがおすすめですが、新郎新婦入場でもカッコよくて感動的な演出ができると思います。

まとめ

以上が「結婚式で使いたいディズニーの名曲」を結婚式のシーン別に紹介しました!

この記事でおすすめした曲が多数収録されているおすすめのCDアルバムを、以下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしていただき、皆さんの結婚式をディズニーソングで更に彩りましょう。

では、また!