2019年のランド&シーの混雑予想はこちら!

【2019年最新】首都圏ウィークデーパスポートの利用期間や購入方法、注意点を解説

ディズニーシー_春イベント_首都圏ウィークデーパスポートパークの基礎知識

どうも!

東京ディズニーリゾートでは2019年4月8日~7月12日までの間、平日限定のお得なパークチケット「首都圏ウィークデーパスポート」が利用可能になります。

首都圏に在住・在学・在勤の方であれば誰でも利用できるチケットです。最大で1000円安くなるので、平日ディズニーを計画して積極的に利用したいですよね!

そこで今回の記事では「首都圏ウィークデーパスポート」について、販売・利用期間や購入方法、利用する上での注意点を解説したいと思います。

スポンサーリンク

首都圏ウィークデーパスポート2019の開催要領まとめ

利用可能な地域・対象者について

首都圏ウィークデーパスポートは、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)および静岡県に在住・在学・在勤の方のみが利用できるパークチケットです。

店舗購入時に上記1都8県に在住・在学・在勤している確認を求められることがあるため、免許証や保険証、学生証などがあると安心だと思います。

なお、2019年から利用可能地域に静岡県が加わり、厳密な正式名称は「首都圏・静岡ウィークデーパスポート」となりました。

 

販売期間、利用期間について

首都圏ウィークデーパスポートの販売期間と利用期間は以下となっています。

販売期間:3月8日(金)~7月12日(金)
利用期間:4月8日(月)~7月12日(金)

上記の通り、約3ヶ月間の利用が可能となります。利用期間とありますが、あくまでも該当期間内の平日のみで利用可能なので注意してください。

なお、上記期間は各パークで以下のイベントが開催されています。

・4月4日~6月2日
両パーク:ディズニーイースター
参考記事:ランドのエッグハント「うさたまを探せ!」の体験レポート!
参考記事:シーのイースター「うさピヨ」グッズを買ったのでレビュー!

・6月6日~7月7日
両パーク:ディズニー七夕デイズ

・6月6日~
シー:ダッフィーのサニーファン ※新イベント

・7月9日~
ランド:ドナルドのホット・ジャングル・サマー ※新イベント

シー:ディズニー・パイレーツ・サマー

ここで特筆すべきは、7月9日~7月12日までの4日間のみ首都圏ウィークデーパスポートを利用して夏イベントが楽しめることです。

特に7月の前半は3連休を除いてパークが混みにくい期間でもあります。夏イベントを先取りしつつ、お得に空いているパークを楽しみたい方は、この4日間を狙ってみても良いかもしれません。

 

購入方法(価格・購入店舗など)について

首都圏ウィークデーパスポートの価格は以下のようになっています。

大人6400円(通常チケットから1000円引き)
中人5500円(通常チケットから900円引き)
小人4100円(通常チケットから700円引き)

通常チケットに比べて、最大1000円お得に購入することが可能です。

また、首都圏ウィークデーパスポートが購入できる場所は以下のようになっています。

・東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(対象地域に在住の方のみ販売)
・主な旅行会社
・JRの主要駅(舞浜駅などを除く)
・首都圏の私鉄各社

・主要コンビニエンスストア
・ディズニーストアのチケットカウンター(一部店舗を除く)
・ディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテル(宿泊者のみの販売)

など

販売場所によっては、即時購入ができない、売り切れ、販売終了の場合があります。そのため、購入方法や販売場所をあらかじめ確認の上、日程に余裕を持って購入することをおすすめします。

なお、首都圏ウィークデーパスポートはパークで販売をしていません。また、イクスピアリのディズニーストアでの販売もなく、現地調達が難しいので注意が必要です(後述)

 

スポンサーリンク

【要確認】首都圏ウィークデーパスポート購入時の注意点

購入時、利用可能地域の在住・在勤・在学を確認できるものが必要

ディ二ーランド_笹と短冊_七夕デイズ

首都圏ウィークデーパスポートは、購入時、利用可能地域に在住・在勤・在学していることの確認を求められる場合があります。そのため、住所や在学を証明できるものを必ず持参するようにしましょう。

住所の証明に利用できる書類の例としては、免許証や保険証、住民票などがあります。利用可能地域に在学している学生の方であれば、学生証でも問題ありません。

なお、ディズニー公式ウェブサイトで購入するeチケットの場合は、利用可能地域に在住の方のみの販売となっております。注意しておきましょう!

 

入園保証の有無は購入先で変わる

首都圏ウィークデーパスポートには、基本的に入園保証がありません。このため、混雑日のパークに入園制限がかかってしまった場合は入園できない可能性もあるため、注意が必要です。

ただし、旅行会社から購入したツアーパッケージに含まれるチケットなどの場合は、入園保証が含まれていることもあります。心配な方は、チケットの購入前に入園保証について購入先に確認するようにしましょう。

と言いつつも、そもそも入園制限の可能性が低い平日にしか利用できないチケットですので、過剰な心配は必要ないんですけどね。それでも心配な方は、開園時間頃までにパークに到着するようにすれば確実に入園できると思います。

参考記事:ディズニーランドは朝何時から並ぶべき?おすすめの時間を解説
参考記事:ディズニーシーは朝何時から並ぶべき?おすすめの時間を解説

 

パークに来る前に、あらかじめ購入しておこう

首都圏ウィークデーパスポートは、パークに来る前にあらかじめ購入しておくことを強くおすすめします。というのも、首都圏ウィークデーパスポートは以下の店舗・場所では販売していません

・パークのチケットブース
・イクスピアリのディズニーストア
・JR舞浜駅

現地でのチケット調達が難しく、舞浜駅やパークに着いてから「通常のパークチケットしか調達できない!」とならないように注意が必要です。平日ディズニーをスムーズに楽しむためにも、事前購入しておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

首都圏・静岡ウィークデーパスポートでお得に平日ディズニーを楽しもう!

以上が、2019年の首都圏・静岡ウィークデーパスポートの解説でした。

いつもより空いている平日ディズニーをお得に楽しめる期間限定のパスポートです!利用可能地域にお住まいの方は、積極的に利用していきたいですよね。

ぜひ本記事を参考に首都圏・静岡ウィークデーパスポートで平日ディズニーを楽しんでくださいね!

ではまた!