2019年度上半期のランド&シーの混雑予想はこちら!

冬のディズニー攻略法!おすすめの回り方で寒さに負けずに一日中楽しもう!

ディズニーシー_クリスマス パークの基礎知識

どうも!

冬のディズニーランドとディズニーシーでは、クリスマス・お正月・バレンタインなどのたくさんのイベントが開催されます!

だからこそ何度もインしたいんですが、この時期のパークってめちゃくちゃ寒いんですよね。疲れにくい回り方や持ち物を理解して、寒さに負けずに満喫したいものです。

本記事では、冬のディズニーを一日中楽しむためのおすすめの回り方を解説したいと思います!ぜひ参考にしていただき、最高の冬ディズニーを堪能してください!

スポンサーリンク

冬のディズニーおすすめの過ごし方・回り方

持ち物は、体を温めるアイテムを準備しよう!

まず初めに、パークに持っていくアイテムについてです。

極寒の冬ディズニーでは、男女問わず「防寒」を意識した持ち物を多数準備していきましょう!

全ての皆様におすすめできるアイテムは、以下の防寒グッズです。

・使い捨てカイロ
・マフラー、手袋、帽子、耳あて
・温かい飲み物を入れた水筒

マフラーや手袋などの「脱着可能な防寒具」は、屋内外の気温差に手軽に対応できるのでおすすめです。暖房の効いた屋内はかなり暖かいので、適宜調整できるような防寒グッズを持っていくと思います。

また、ホットドリンクはパーク内で買うと持ち運びしにくいため、水筒が役立ちます。パーク内への水筒(飲み物入り)の持ち込みは禁止されていませんので、ホットドリンクを持参するなどして活用しましょう。

なお、ショーを観るために座り待ちする方は、以下のアイテムがおすすめです。

・ひざ掛け、ブランケット
・ポータブルクッション

冬のパークでショーを待つ場合、ブランケットは必須です。暖が取れるだけでなく、冬の冷たい風避けや地面からの冷気を防ぐのにも役立つ優れものです。多少荷物にはなってしまいますが、持っていくことをオススメします。

ポータブルクッションとは、地面に敷く「折り畳みクッション」のことです。レジャーシートでは防げない地面やベンチの冷たさも、ポータブルクッションに座ることで防ぐことができます。お尻が痛くなることも無いため、こちらも座り待ちする方の必需品だと言えるでしょう。

冬のディズニーでおすすめの持ち物と服装については、以下の記事で詳しく解説しています。持ち物リストも載せていますので、荷造りや準備などの参考にしてください。

参考記事:冬のディズニーで必須の持ち物リスト!おすすめの防寒グッズを解説
参考記事:冬のディズニーおすすめのファッション・服装を解説【防寒対策】

 

食事は超重要!朝食も絶対に取りましょう!

冬のパークでは3食しっかりと食事を取ることをおすすめします!

パークの寒さに打ち勝つためには、熱を生み出すエネルギーが必要です。また、食事のタイミングで暖を取り、体を休めることも非常に重要です。

遊ぶことを優先して食事と休憩を疎かにすると、後半にドッと疲れが出てきます。これが冬の極寒ディズニーの怖さです!

参考記事:ディズニーランドでおすすめの休憩レストラン
参考記事:ディズニーシーでおすすめの休憩レストラン

一日を元気に楽しむためにも、食べ歩きなど軽食でも良いので、しっかり食事(カロリー)を取るようにしましょう。

ちなみに、朝食は超重要です!朝一番にエネルギー源を取らないと身体が動きませんからね。

参考記事:ディズニーランドで朝食におすすめのレストラン5選
参考記事:ディズニーシーで朝食におすすめのレストラン5選

 

朝はショー、昼間に長時間スタンバイ、夕方以降にファストパスがベスト!

クリスマス_ダッフィー

冬のディズニーランドとディズニーシーでは、朝にショーを観て、昼間に長時間スタンバイして、夕方以降にファストパスを使うプランがマジでおすすめです!この理由を説明します。

 

まず、冬のディズニーは基本的に風が強いです。特に、内陸の気温が急上昇する「昼間」と急降下する「夕方から夜」に強い海風・陸風が発生しやすくなります。このため、昼間や夜に行われるショーは強風で中止になることが比較的多いです。

逆に午前中は、夜明けからの気温差が大きくないために風が弱い傾向にあります。俗にいう「凪」の時間帯です。

また、朝(午前中)は混雑もピークに達しておらず、アトラクションを優先する人も多いので、ショーは比較的空いています。もちろん、良い位置で観るためには座り待ちしなければなりませんが、午後のショーより断然待ち時間が少なく観れるはずです。

以上のことから、ショーが中止になる可能性が低く、混雑も比較的少ない、朝(午前中)にショーを観ることがおすすめできるわけです!

 

昼間の時間帯は風が強いと言えども、比較的温かく、過ごしやすい気温になるため、アトラクションに長時間スタンバイしましょう。

夕方以降は、気温も下がり、風も強くなります。皆さんの疲労もピークになる頃ですので、サクサクとファストパスを使って楽しんだり、レストランやお土産探しでヌクヌクと過ごすのがおすすめです。

夕方以降のショーを、日が暮れた冷たい風の中で待った上で、強風で中止ってのはマジで辛いです。(経験談)

 

暖を取れるアトラクションを理解しよう!

上で「昼間は長時間スタンバイ、夕方以降はファストパス」とおすすめしましたが、そう上手くはいかないものです。ファストパスが取れなかったり、時間が余ってしまったりと、パークでは色々なイレギュラーが発生しますよね(;^_^A

そこで、冬のディズニーで長時間スタンバイを推奨する「暖を取れるアトラクション」をパーク毎にリストアップしました。ぜひ昼間に優先してスタンバイするなどして、温まりながら過ごしてください。

☆ディズニーランドの暖かいアトラクション

ミッキーのフィルハーマジック:Qライン屋内、混雑少、回転率良、暖房完備
スターツアーズ:Qライン屋内、混雑少、回転率良
モンスターズ・インク R&GS:Qライン半屋内、夕方に混雑少
カントリーベア・シアター:Qライン屋内、混雑極少、暖房完備

☆ディズニーシーの暖かいアトラクション

マーメイドラグーン全般:全て屋内
センターオブジアース:Qライン屋内
タワー・オブ・テラー:Qライン半屋内
シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ:Qライン屋内、混雑少、回転率良

これらのアトラクションは「Qラインが屋内」にあるため、長時間スタンバイしても温かく過ごせるアトラクションです。ぜひタイミングを見計らって利用してみてください。

ディズニーシーのマジックランプシアターを推奨しない理由について問い合わせがありました。
確かにQライン半屋内でシアタータイプで暖房完備なアトラクションなのですが、混雑日は暖を取ろうと人が集中し、風通りの良い屋外で30分以上待たされることもあるんですよね。なので個人的には、ファストパスが余ったら使うか、15分スタンバイのタイミングなどで乗ることをおすすめします。

なお、以下の記事では、休憩しながら楽しめるアトラクションやショーを紹介しています。こちらも参考にして、極寒ディズニーを攻略しましょう!

スポンサーリンク

回り方に工夫をして、冬のディズニーを満喫しよう!

冬のディズニーのおすすめの回り方を以下にまとめました!

・持ち物として、防寒のアイテムを多数準備しよう!
・ショーの座り待ちにはブランケットやクッションを有効活用しよう!
・食事は超重要!エネルギーを摂取して、体を温めよう!
・朝はショー、昼間は長時間スタンバイ、夕方以降はファストパスがベスト!
・暖かいアトラクションを理解してスタンバイしよう!

寒くて体調を崩しやすい冬のディズニーですが、回り方・過ごし方を工夫することで、元気に楽しむことができます。ぜひ本記事で解説した回り方・過ごし方を意識して、冬のパークを満喫してください!!

ではまた!

参考記事:冬のディズニーで必須の持ち物リスト!おすすめの防寒グッズを解説
参考記事:冬のディズニーおすすめのファッション・服装を解説【防寒対策】